平成28年度ディスクロージャー

自己資本比率

金融機関としての安全性は、健全性は…

当JAの「自己資本比率」は、国内基準の4%を大きく上回っており、安心してお取り引きいただけます。

自己資本額 271億円
自己資本比率 20.78%

経営状況

平成28年度の経営状況は…

当JAは、「地域社会への貢献」と「健全経営」を目指し、お客様のニーズに応えるべく、経営体制の構築を図っております。

経常利益 12億1,297万円
当期剰余金 8億7,364万円

資産内容

営業実績・資産内容を説明します

当JAは、資金の安定・充実に努めております。

貯金残高 3,455億円
貸出金残高 1,021億円
総資産図

金融再生法開示債権額(平成29年3月末)は、下記のとおりとなっております。

金融再生法開示債権額 (平成29年3月末)
区 分 金 額(百万円)
1 破産更生債権およびこれらに準ずる債権 291
2 危険債権 1,363
3 要管理債権 399
4 小計 2,054
5 正常債権 100,118
6 合計 102,173
※本表は端数を切捨処理しているため内訳の合計は一致しません。

JAバンクは「安定」・「健全」をモットーに!

JAバンク・セーフティーネット

 当JAの貯金は、公的制度である「貯金保険制度」とJAバンク独自の制度である「破綻未然防止システム」との2重のセーフティーネットで守られています。これにより、組合員・利用者の皆様により一層の安心をお届けいたします。

貯金保険制度+破綻未然防止システム【JAバンク支援制度】

経営の健全性とは

経営の健全性をはかる指標として、「自己資本比率」が用いられますが、その基準は次のようになっています。

国内基準 4%以上
国際基準
(海外に拠点を有する金融機関)
8%以上

JAバンク東京信連の経営内容

JAバンク東京信連はJAと一体になって、信用事業を行っています。その経営内容は次のとおりとなっています。

(平成29年3月現在)
自己資本額 2,010億円
経常利益 66億円
自己資本比率 19.82%
当期剰余金 53億円
《主要計数》
貯金残高 2兆6,554億円
有価証券残高 8,549億円
貸出金残高 2,494億円
預け金残高 1兆6,766億円
このページの先頭へ

おすすめコンテンツ